日本で、英語MBA

アクセスカウンタ

zoom RSS GMAT、またしても…

<<   作成日時 : 2005/12/19 05:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回より低いスコアしか出せませんでした。具体的には、10点マイナスの450点。

悪かった点を振り返るとすれば、次の2点でしょうか。
・Math(特にPS)の問題演習量不足。DSでは苦手分野(不等式と絶対値)をクリア出来なかった。
・Verbalでは、時間が足りなくなり、後半10問くらいはほとんどランダムクリック。1、2問目のRC
に長く時間をかけすぎ、結果として3、4問目のRCは、まともに読む時間すらなかった。

この3週間、朝5時に起きてほぼ毎日2時間をテスト勉強に注ぎ込んだにもかかわらず、、、と思うと、正直なところ、ぐったり疲れてしまいました。
果たしてこの報われない努力(=何が悪いのか、今は自分を客観視できず…)を続けて英語プログラム(TUJとMcGill)に出願することに、ほんとに意義があるのか?とか考えちゃいます。GMATでこんなにつまづいている、ということは、英語プログラムに通っても授業についていけない可能性もあるわけで。だったら、日本語で学んだほうがよっぽど身につくはず。

日本語プログラムに気持ちを切り替えるなら、それなりに急がないと。各校の出願締め切りはだいたい2月(あるいは2月、3月に試験)なので、そろそろエッセイに本気で取り掛かりたいところだし…。

「どうして“英語MBA”なのか?」をもう一度考え直さなくちゃならなくなっています。
単に英語の勉強がしたいだけなら他に方法はいくらでもある、とある方から言われて目からウロコ。

落ち着いて、出願までのタイムリミットと、それまでに何がどれだけ出来るかを考えてみたいと思います。
とはいっても、エッセイなど、出願書類の準備にどのくらい時間が必要なのか、見当もつかないんですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GMAT、またしても… 日本で、英語MBA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる